楽しくドライブ

車の問題・運転・免許・メンテナンスや魅力について語っています。

車売却の査定。損せず一番お得に車を買取ってもらう方法は?

      2019/01/29





車売却の査定17買い替えなどで今の愛車を売りたいと考えている人は、当然少しでも高く売れた方がいいと考えるはずです。

売却にあたっては各買い取り店にて査定をしてもらうことになりますが、店によって大きく差が出ることも多々あるようで、場合によっては数十万円の差がついて、損をしたり得をしたりということもあるようです。

そこで、どのような方法が一番お得なのか調べてみました。



一括査定サイトで車を売却するのはお得?

最近はラジオで、車種・年式・走行距離を入力するだけで複数の会社から見積もりがもらえることを売りにした車の一括査定サイトのCMが目立ちます。

忙しくて直接店舗に足を運ぶ時間のない人には便利なサービスかもしれませんが、実際の口コミを見ていると、すぐに高く買い取ってもらえる店が見つかったという話も聞きますし、自分で店を探して足を運んで査定してもらった方がよかったという声もあり、賛否両論あるようです。

一括査定の思わぬ落とし穴

一括査定は一見すると便利そうですが、サイトを利用した途端に依頼した業者以外からの買い取りの勧誘の電話が沢山かかってきて困るという相談が国民生活センターに寄せられたことがあるそうです。

どうやら、そのサイトの利用規約には「依頼した業者以外にも情報を提供する」旨が分かりにくいように小さく書かれていたそうです。

買い取り業者の営業マンも売り上げを出さなくてはいけないので必死とはいえ、忙しい側からすれば面倒くさいこと極まりないので、利用するにあたってはそういうこともあるのだと注意が必要ですね。




そして最終的な査定は、当然ながら実物を見ないとできませんので、実際に売却する段階になって査定サイトとは大きく異なった金額になる場合もあるようです。

もっとも、ネット査定はあくまで同一車種の年式や走行距離といったデータを基にはじき出した目安に過ぎないようなので、そういうことを理解した上で利用した方がいいと思います。

諦めるのは早い!どんなに古い車でも値が付く場合あり。

車売却の査定859廃車寸前の古い車は、査定で全く値がつかないという話も聞きますが、諦めるのは早いと思います。

古くても値がつくのは、人気スポーツカーなどかつて一世を風靡した名車だけではありません。

日本では買い手がつかないような車であっても、国によってはまだ十分に使えるとして大切に乗ってくれる人が沢山いて、海外の国で非常に古い日本車が現役というのを見たことがある人もいることでしょう。

そのため、国内に特化した買い取り店では値がつかないことが多い車も、海外への販路を持っていたり知っている店に見てもらったらそれなりの値が付くことがあるそうで、

どうせ廃車にするだけと諦める前に、国内限定なのか輸出も視野に入れた店なのか調べるのも、いい方法かもしれません。

また、不慮の事故などで大破してしまった車も、廃車にするしかないようで買い取ってもらえる場合があるそうです。

車そのものとしては使い物にならなくても、パーツ単位で使用できるものがあれば買い取ってもらえる場合があるそうで、

例えば車の修理で、ドアが凹んでしまったなどの際に板金修理ではなく丸ごと交換したことがあるという方もいらっしゃるかと思いますが、その際の交換のパーツはそうした車から取ったものが多いようです。

つまり、使い物にならなくなったように見える車でも決して価値がゼロではないということですね。



最後に

車を売却する際の査定は、店によってかなり差が出る場合もあるようですが、どうせ売るのなら1円でも高く売れた方がいいですよね。

車の状態、買い取り店の特徴など様々なケースを見極めながら、できるだけ得をする売り方をしたいものです。

 - 買換え