楽しくドライブ

車の問題・運転・免許・メンテナンスや魅力について語っています。

自動車保険の一括見積りはお得なサービスか?

      2019/01/29





一括見積りは、お得28自動車保険を選ぶにあたっては、自分で調べて最適なものを探すのがベストかもしれませんが、そういう時間がないという人は多いかもしれません。

また、車を買ったディーラー任せの場合などは、手続きが簡素な上に安心感も高い反面、一般的な相場がどのくらいなのか分からないまま高いものを契約してしまうこともあるかもしれません。

そういうときに役立つのが一括見積りのサービスです。

インターネットの見積りサイトであれば、運転者の情報、車の情報、希望する補償内容など必要項目を入力するだけで手続きは完了。

あとは結果が届くのを待つだけですが、中には即時見積りが出る場合もあります。

利用するにあたって注意しておきたいことは

一括見積りは、いつでも誰でも利用できるサービスなのかというと、必ずしもそういう訳ではありません。

おそらく全てのサービスがそうなっているかと思いますが、満期日より90日以上前と満期日当日は対象外、つまり保険の満期から90日以内前日までのみが対象です。

余裕をもって早く見積りをしたくなることもあるかもしれませんが、90日以上前は受付できません。

ただし、即利用できないけど予約という形で期間前でも受けてくれるところもあります。

逆に満期日当日の場合は時間がなさすぎるので駄目です。

そして、「現在保険に加入しておらず、過去13ヵ月以内に自動車保険の契約をしていた場合」は利用できません。

つまり、満期を過ぎて保険が切れてしまった場合は、その先13か月にわたってサービスは利用できなくなるので注意が必要です。

また、対象はあくまで自家用車のみであるため、普通乗用車・小型乗用車と小型貨物車、軽自動車(乗用・貨物とも)のみとなり、普通貨物車や特殊用途の8ナンバー車は対象外になります。

そして、車検証の型式欄に「改」や「不明」の記載があるものは、ダイレクト型の保険だと多くが対象外だそうです。

エンジンを交換するなど車の構造変更を伴う特殊な改造を行なっている車や日本で正規に販売されていない外国車を個人輸入して乗っている場合(並行輸入車)が、これに当てはまってしまうそうです。

また、二輪車や法人契約の場合も自家用自動車向けの一括見積もりサービスは利用できませんが、それら向けサービスが別に用意されている場合も多いです。

ただし二輪車や法人向けは、そもそも商品の種類が異なるから仕方ない面もありますが、自家用自動車向けに比べると取扱社数や商品数が少なめの傾向です。

ちなみに、どのサービスでも必ず「特別危険保険料率適用通知書をもらった方」は利用できないと記載されていますが、これは飲酒運転や無免許運転による事故や保険金詐欺行為を行なった人が受け取るもので、真面目に生活している人であれば絶対に受け取ることはないものです。

間違ってもこの対象者になってはいけませんよね。



一括見積りのメリット

一括見積りは、お得1216一括見積りの最大のメリットは、1社1社聞いて回るのとは異なり時間と手間が大幅に省けることといえます。

これによって自分に最も適した保険を見つけることができ、選んで契約することができます。

また、見積りサービスの中にはキャンペーンが頻繁に行われていたりで特典付きのものも多く、各種ポイント(Tポイント、楽天ポイントなど)がもらえるもの、またはギフトカードなどの金券類や現品でプレゼントがもらえる場合などもあり、時には最大で数万円相当の特典を受けられる場合もあるので、利用することで実質的なキャッシュバックになる場合も多いです。

一括見積りサービスは、問題点もないわけではない

便利なサービスではありますが、利用する際はどうしても連絡先や車種など個人情報を入力しなければなりませんし、そのデータが保険会社に提供されるのを承知の上での利用ですから、当然ながら保険会社から何らかの形で連絡は来ます。

引っ越し見積もりなどサービスによっては、電話が次々かかってくるなど勧誘攻勢が激しい場合もあるようですが、自動車保険の見積もりサービスの場合だと、そこまでの電話攻勢はありません。

ただし、見積もり結果に始まる各種案内のメールは定期的に次々と送られてくるようになり、翌年以降も満期日が近づくたびに勧誘的な内容のメールが届くことが多いです。

電話がかかってこない分まだいいのかもしれませんが、やはり相手も営業の人なので契約を増やさなければならない都合上、こうした勧誘はそれなりにあるということは頭に入れておいた方がいいでしょう。

また、前項で述べさせていただいた特典についても、当該サイトで「サービス案内やキャンペーン紹介に利用する」ことがはっきりと明記されていることが多く、結果として自動車保険見積りとは無関係なDM類も色々と届くことになりますので、その点は留意した上で利用した方がいいでしょう。



最後に

一括見積りは便利なサービスである反面、個人情報の取り扱いなどに対する不安もあるかと思います。

また、利用できる期間や車種などが幅広いとはいえどうしても限られるなど、決して万能なサービスであるとも限りません。

時間がある場合は、一括見積りを利用しつつ代理店などの窓口サービスも併用しながら、最適な商品を探すという方法もいいかと思います。





 - 自動車保険